北陸 富山のくるま売り、タイヤさえついていればなんでも扱います。現在はレーシングカートの話題が中心です。
[1834] [1833] [1832] [1831] [1830] [1829] [1828] [1827] [1826] [1825] [1824]
もうね、書くの面倒になってきたよ。

でも最後まで書き切らないとタダの悪口で終わってしまう。
まあ、悪口なんですけどね。


さて、今回の悪口はリースの消費税と金利に関してです。


【リースの消費税】

改めて説明するまでもありませんが、消費税とはあらゆる消費にかかる税金です。
物品売買やサービス料金に課税されます。

ちなみに土地の売買やアパートの家賃には消費税はかかりません。
消費じゃないからだって。変なの。

ではそれを踏まえて。


リースの流れですが、まず自動車メーカーからリース会社に新車が販売されます。
この時点で消費税が課税されます。

リース会社はその新車といろいろな経費を「まとめたもの」を「月払いでリースする」というサービスを提供します。

このサービスにも消費税が課税されます。

あれれ?

おかしくない?

消費税込みの車輌代金にさらに消費税がかけられてますよ。

もっと言えば本来は非課税のはずの自賠責保険や自動車税にも消費税がかけられている計算になるのです。

自動車税に消費税を上乗せってなんか納得いかないのですが、リースの契約としてはなんら問題はありません。


どうでしょう?

いかに無駄なお金を払っているかお分かりでしょうか?

「月々の経費は7年間一定」という謳い文句の裏にはこんな罠が隠れているのです。



【リースの金利】

あと、まったく触れられていませんがリースの金利はクソ高いのです。

現在、銀行系のカーローンは2%前後の金利が主流です。
クレジット、信販系のカーローンで6%前後。

リースの場合お金を貸すのではなく、物品と諸経費をまとめたものを貸すというサービスです。
従って金利という表現は適切ではありません。
リース手数料と呼び、これがリース会社の儲けになるのです。

余談ですが先ほど消費税の二重取りについて触れましたが、それはリース会社に入るわけではないのです。お国が持っていくのです。

リースは車輌代金と諸経費がまとめてあり、しかも7年後に下取りする金額を差し引いてあるので全体の総額が分かりにくくなっています。

総額をぼやかして月々の支払いのみにクローズアップする。
それこそがリースの手口なんですよね。

分かりにくいのですが、経費を個別に分離してリース手数料をローン金利に見立てて計算するとゆうに10%を超えます。


そしてもう一つ。
今までリース会社=自動車販売会社と同一視していましたが、実際はこんな感じ。

リース会社

取扱代理店(自動車屋やガソリンスタンド)

お客さん

リース会社の間に取扱代理店があり、そこでも任意に手数料を上乗せすることが契約上可能なのです。

以前、7年間血を吸われ続けると表現したのはこれが理由です。


リース手数料の取り方に関してはいろいろな方法があり、必ずしもここで述べたような計算が当てはまらない場合もあります。

「ウチはそんな悪どくないぞ」って取扱代理店もいらっしゃるとは思いますが、あくまで一般論ですのでクレームはごかんべん。


いずれにしても割高なのは間違い無いですね。


つづく



拍手[1回]

カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 4
9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アクセスカウンター since 2006
プロフィール
HN:
ちち
HP:
性別:
男性
自己紹介:
富山で中古車屋やってます。
カートも売ってます。
どっちがメインか分かりません(笑)


管理人へのご意見はコチラまで。

メール
ブログ内検索
アクセス解析