北陸 富山のくるま売り、タイヤさえついていればなんでも扱います。現在はレーシングカートの話題が中心です。
[1] [2]
アクセス解析によれば意外に「ラジコン」「ガスガン」絡みのキーワード検索で当ブログを訪れている人も多いという事実。

でなわけで、今回はカートの読者を一気に突き放しまくった内容です(笑)


さて、先日購入したフォリッジウォーリア、集弾性は8m離れて6cmとなかなか優秀。
しかし!イザ、ゲームに使ってみるとイマイチ・・・
なぜか当たらない。

この日はハイキャパと交互に使ってみたのですが、やっぱりハイキャパの方がイイ感触でした。


左からフォリッジウォーリア、ハイキャパ4.3、ハイキャパ5.1

なんだかな~

新しく買った銃より古い銃の方がイイ結果か・・・
あれ?カートでも同じような事があったな(笑)

バラして内部を見てみましたがブローバックエンジンはほぼ同一。バレルも同じ。なのにハイキャパは当たる。

原因は・・・
コレだ。


マガジンの容量です。

左がフォリッジウォーリアのマガジン、右がハイキャパ。
ガスの容量が倍ほど違います。

寒い時期はガスが気化しにくいのでマガジンを暖めるのですが、それでも撃っている間にドンドン冷えます。(撃つ毎に気化して熱を奪う)

ハイキャパもガスガンですから低温は不利なのですが、その大容量ガスのおかげで冷えても安定して撃てるのです。

しかし、フォリッジウォーリアのマガジンはノーマル容量ですから冷えだすと威力が落ちていくようです。
つまり、最初と最後では弾道に差が出るということです。
これじゃ当たらないわな~

ちなみにフォリッジウォーリアのマガジンも持てなくなるほど熱っちアチにしたら集弾性が上がり8mで5cmとなりました。

試しにハイキャパのマガジンも持てなくなるほど暖めてみたら、集弾性は8mで4cmと更に向上。
コレはさすがにヤバイ音を立てておりました。
こんなのに絶対撃たれたくない(笑)


マルイのガスガンはどれも命中精度は高いのですが、冬季の安定性を考えるとやはりマガジン容量の大きい物が良いようです。

ハイキャパはその名に恥じぬハイキャパシティ(大容量)、現在ハイキャパを越える大容量マガジンはどのメーカーからも発売されておりません。
つまり発売から5年経過した今もハイキャパ最強伝説は揺らいでおりません。

こりゃ~みんなハイキャパを持つワケだよ。

一時、私はみんなと同じじゃヤダってKSCを使っていた時期もありました。
しかし、いろいろ使い倒して結果ハイキャパ信者と相成りました(笑)


そうそう、元を正せばハイキャパの命中精度が落ちたのでオーバーホールしなくちゃならなくなって、だけど物欲がほとばしってフォリッジウォーリアを買ったのでした。

結局フォリッジウォーリアが思った程じゃ無かったので、ハイキャパを徹底的に掃除して注油したら命中精度は戻りました。

結局なんだよ、掃除すりゃ良かったってハナシかよ(笑)








拍手[0回]

新商品というか・・・
まあ、11月11日に発売されたばかりの新商品には違いありませんが・・・

てっぽうです。

久しぶりにてっぽネタ。

夏の間はガスガンの威力が上がります。
なのに半袖や薄着。当たるとハンパなく痛いのでしばらく疎遠になっていたのです。
しかし最近厚着になってきたので、疎遠スパイラルを断ち切ってインドアサバゲーにも復帰。
やっぱ面白いですわ(笑)

で、

ここ1年ばかり酷使し続けたせいかメインウェポンのハイキャパの命中精度が悪化。
内部部品を交換する必要があるみたいですがなんだかメンドイのでもう1丁購入しました。
だって、1万円程のてっぽなのに中身の部品代が6000円程と言うんだからさ~

ま、

物欲の言い訳はおいといて。
コレです。



フォリッジウォーリア 4.3

ガバメント系のタクティカルモデルです。
ハイキャパより軽くて取り回し易そう。
モスグリーンのカラーリングが新鮮ですな。



ほとんどデザートウォーリアと一緒です。



グリップの迷彩がシブイ。

でも・・・

これ・・・

どっかで見た感じするんだよな~







ザクだ。



なんか急に弱っちく思えてきたよ(笑)

次回は11/20(土)にゲームがあります。
興味の有る方はど~ぞ~

ムラチ、ユタカ、最近どーね?
行こまいか。

拍手[1回]

昨晩は久しぶりにサバゲーに行ってきました。

5月くらいから疎遠になって、気づけばもう半年行っていませんでした。

夏場の暑い時期はガスガンの威力が飛躍的に上がり、且つ服装は薄着。
当たれば半端なくイタイのです。
これも疎遠の原因。

最近やっと涼しくなって来たのと、新しい人が増えて賑わっているとの話を聞き、
久しぶりにてっぽを出して行ってきました。


今までこのインドアサバイバルフィールドの正式名称は決まっておらず、
通称「イインダヨー」と呼ばれていました。
※ インドアのもじりらしい(笑)

ですが久しぶりに行ったら立派な看板が出来ていて「キャンプサウス」という名前になったようです。


先週は20名ほどが入り乱れてかなりの盛況だったようですが、なぜか今週は私を含めて8名。
しかも全員初期メンバー。

いつもの感じにホッとしますね。

久しぶりの参加でしたがソコソコ弾も当たるし、当てられるし(笑)
なかなか面白かったですよ。

ただ!久しぶりに長時間中腰で這い回ったため、モモがパンパンです。
帰りの階段がキツかった~(笑)


最近疎遠の皆様、また行きませんか?
ムラチも久しぶりに来られませ。




拍手[0回]

さて、エライ頻度で更新していますが、ひとつてっぽネタ。

ダットサイト+ハイキャパのコラボにご満悦のワタクシですが、ここでもう一つ新兵器を用意しました。



レーザーポインターです。
気が付いたら電動ガンもフル装備になってしまいましたね(笑)

冥土inチ○イナのバッタもんですがなかなかイイ感じ。



ライトとレーザーの同時点灯、個別点灯ができるスグレモノ。
リモートスイッチも付いています。
ただ、イキナリ配線不良で点灯しなくなり、修理しましたけどね~
さすが冥土inチャ○ナ。

そう言えばコレもレーザーポインタですな。


カートのアライメント測定器
その名も「スナイパー」

そのまんまですが(笑)

拍手[0回]

さて、前述のハイキャパ4.3ですが、実はコイツで試してみたい事があったのです。

ガスブローバックにダットサイトを付けたらどーなんのか?


ブローバックしますので、直接スライドにサイトを取り付ける事が出来ません。そこでこんなマウントを使用します。



ところが・・・
ステーが片側のみなので固定が甘い。
サイトを調整してもすぐズレる。

飯村さんから「片持ちタイプはダメよ」と聞いてはいましたが、両持ちタイプは銃身に穴を空けてビス止めするタイプしかなく、下部レールを使用するこのタイプでは片持ちしか無かったのです。

そ・こ・で・・・ 

無いのなら作ってしまおうホトトギス。

まあ、ホトトギスは関係ありませんが(笑)
ステーを使って、タップでビス穴作って~
はい!出来上がり~!
制作費360円(笑)







見た目は手作り感満載ですが、しっかり固定できました。
撃ってみると・・・
おお~サイトの狂いも無い。かなりいい感じ。

タダでさえ高性能のハイキャパにダットサイトで武装。
コレはイイですよ!


中央の赤い点が照準です。
両目を開けたまま狙いをつける事ができ、覗く角度が変わっても基本的には照準点に当たります。

レーザーサイトと異なり、ダットサイトのガラスにしか光は当たっていませんので夜戦でも場所がバレません。

コレを発明した人は天才!

拍手[0回]

カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 9 10
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アクセスカウンター since 2006
プロフィール
HN:
ちち
HP:
性別:
男性
自己紹介:
富山で中古車屋やってます。
カートも売ってます。
どっちがメインか分かりません(笑)


管理人へのご意見はコチラまで。

メール
ブログ内検索