北陸 富山のくるま売り、タイヤさえついていればなんでも扱います。現在はレーシングカートの話題が中心です。
[1723] [1722] [1721] [1720] [1719] [1718] [1717] [1716] [1715] [1714] [1713]
突然ですが巷で人気のアクションカメラを比べてみました。


アクション仮面ではない。


右 昔から使ってるGoPro HERO3
中 最新のGoPro HERO7
左 コスパ最強の中華カメラ ムソン

HERO7は本体が既に防水なのでハウジングはスケルトンタイプが付属します。
今まではフルカバータイプに慣れていたのでちょっと不安。

その昔HERO1を絶妙な角度で落としてレンズに傷をつけ、以後すべての動画に傷が映るという失態を思い出しました。
HERO1はレンズ交換が出来なかったので、本体に問題がないのに捨てたという苦い思い出があります。

HERO7は万一、脱落してレンズに傷が付いてもレンズカバーのみ交換可能らしいです。
それは安心。


さて、百聞は一見にしかず。

それぞれの動画をご覧ください。


まずは HERO3
いつもの動画です。
カートなので激しい振動は仕方ないよね。


次は HERO7

うそだろ?!
何?このブレのなさ!
背景の山がまるでグランツーリスモのように流れていきます。
フレームレートも高いのでヌルヌル動きます。
最強の手ブレ補正はウソじゃなかった!

強いて難点をあげるなら風切り音でしょうか。
HERO7はスケルトンハウジングのためマイクがむき出しになっています。
そのため耳障りな風切り音が気になります。
別売りですがHERO7にもフルカバーハウジングの設定はあるので、
それを装着すれば問題は解消できそうです。


最後にムソン

比較のテーブルに載せるのが申し訳ないレベル・・・

ブレは仕方ないとしても逆光に弱いのは屋外使用ではマイナス点ですね。
GoProも初期モデルは逆行に弱かったのですが、HERO3あたりから改善されています。

ただ、コスパを考えれば合格点です。
HERO7を1台買う価格でムソンが10台買えますもの。



大きさはこんな感じ。
重さは意外にもムソンが一番軽かったです。
背面に液晶パネルまで付属して1万円を切るなんて信じられないコスパ。
しかも各種取り付けマウントまで付属してくる!
さらに!!説明書つき!

何をあたりまえなことを?
いえいえ、GoProには説明書は付属しないのです。


今回のテストでは高い物から順にキレイな映像が撮れました。

しかし、カートにおいて車載動画は脱落、破損の危険を伴います。
そう考えると価格も重要な要素。
高けりゃ良いってワケでもないですね。

価格を取るか、画質を取るか。
価値観は人それぞれ。

とにかく今回のテストでは性能の進化とコスパの進化、両方に驚かされました。


画質はさておき、自分の走行動画を見返すのは大変勉強になります。

ムソンなら安価に入手できますのでスキルアップにお一ついかが?

ちなみに当社ではムソンは扱っていないのでアマゾンででも買ってください。

あ、GoProはもちろん扱っておりますよ。
初期設定と使い方のレクチャー付きです(笑)


拍手[1回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2019/06 07
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 11 12
16 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
アクセスカウンター since 2006
プロフィール
HN:
ちち
HP:
性別:
男性
自己紹介:
富山で中古車屋やってます。
カートも売ってます。
どっちがメインか分かりません(笑)


管理人へのご意見はコチラまで。

メール
ブログ内検索