北陸 富山のくるま売り、タイヤさえついていればなんでも扱います。現在はレーシングカートの話題が中心です。
[1773] [1772] [1771] [1770] [1769] [1768] [1767] [1766] [1765] [1764] [1763]
「オーナー殺し」
借りたカートで持ち主よりも良いタイムを出すこと


我々はそう呼んでいます。

まあ、それは悲しい事ですが課題を真摯に受け止め、次につなげましょう。


ご存じの通りラップコムが廃盤になった今、最近ではマイクロン5を売っています。
マイクロン5はGPSによる計測が大きな魅力ですが、もう一つ大きな機能があります。

それは「解析ソフト」

せっかく上手なドライバーが乗ってくれたのですからその速さのヒミツをこっそり覗いてみましょう。


■□■ 解析データ ■□■


青系のグラフが私
赤系のグラフが酒井さんです

一番上のグラフが回転数を表します
2コーナーのブレーキを私は強く踏みすぎているようです。
完全にロックシフターの弊害(笑)

そのせいで2コーナーの立ち上がりで加速が鈍っています。


上から2番目のグラフはスピードを表します
これは大きな差が出にくいので割愛


一番下が2人のタイムギャップです
酒井さんを基準として、私がどれだけ遅れているか(もしくは先に進んでいるか)が表示されます。

1コーナーでは一瞬のブレーキを入れるので少しだけ遅れますがその後の立ち上がりでは私の方が速いです。

2コーナーのブレーキは突っ込みすぎているので見かけ上は私の方が速くなります。

しかし、先ほども書きましたが2コーナーの立ち上がりで遅れます。

3コーナーの差は横ばい。

4コーナーの入り口で私はブレーキを踏まない(事が多い)ので見かけ上は早い進入をしています。
しかし、4コーナーの奥で失速しています。

この失速が5コーナーまで続きます。

6コーナーの進入で近づくものの、6コーナーの立ち上がりでまた遅れてしまします。

なぜか7~8コーナーは近づきます。

そして最終コーナー(厳密には最終一つ手前)で一瞬離されるものの、立ち上がりでは追いつきます。


仮に二人が同時に走行していたらこんな感じになるはずです。

自分のダメなところ、良いところがこうしてデータとして表示されると言い訳はできませんねぇ。

ダメなところは改善し、良いところを伸ばす。
なんて分かりやすい!

私の課題は大きく2カ所。
2コーナーの立ち上がりと4コーナーの立ち上がりのようです。

突っ込みすぎてロスしているので立ち上がりの加速を重視するように心がけます。

思い切りの良いブレーキはそれはそれで立派な武器になるので、コレを大事に研ぎ澄ますことも忘れてはいけません。

最終からの立ち上がりは良いので、これを生かしてストレートで詰め、2コーナーで刺す。
このコンボはおわらでは鉄板なので磨きをかけたいですね。


このように解析ソフトを使うと今まで見えなかった事が見えてくるかもしれません。

せっかく高い計測器がついているのですからソフトも活用しなくては損ですよ。
持っている人は是非有効活用してください。


これを機におわらで人にカートを貸すのが流行ったりして(笑)



拍手[1回]

カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 11
12 13 15 16 17
19 20 21 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アクセスカウンター since 2006
プロフィール
HN:
ちち
HP:
性別:
男性
自己紹介:
富山で中古車屋やってます。
カートも売ってます。
どっちがメインか分かりません(笑)


管理人へのご意見はコチラまで。

メール
ブログ内検索