北陸 富山のくるま売り、タイヤさえついていればなんでも扱います。現在はレーシングカートの話題が中心です。
[1709] [1708] [1707] [1706] [1705] [1704] [1703] [1702] [1701] [1700] [1699]
行ってきました石野サーキット。



今回のメンバーは酒井さん、松田君、末田さん、そして昨年からカートを始められた坂尻さんと高橋さん。
カートは5台です。
この他に息子さんのライセンス講習にやってきた津田さん一家。
結構な賑わいになりましたね。

実は高橋さんにお売りしたカートは2018年のうちにおわらで納車する予定だったのですが、
都合がつかず結局、ここ石野で納車する運びとなりました。

いつもなら津保川で押しがけの練習をしてダイレクトエンジンに慣れて頂くのですが、ご存じの通り津保川は閉鎖してしまったのでやむなく、です。

初 石野サーキット
初 押しがけ
の初心者を虎の群れの中に放り込みます(笑)



あたりまえの話ですが、やはりスピンもします。
そして押しがけに失敗もします。
それでいいのよいいのよ。
スピンもせずに速くなるヤツはいねぇ。
今後に期待です。


他のメンバーは久しぶりの石野に悪戦苦闘。
そんな中、なんでもソツなくこなす松田君は地元勢と変わらぬタイムを出して、電光掲示板に表示されたりします。
彼奴めやりおるわ。

タイムがすべてではありませんが、遅いより速い方がいいですよね。
まあ、結局最終的に富山勢のトップタイムは酒井さんだったのですけどね。

おわらトップランカーは県外でも通用するということをまざまざと見せつけた感はあったりなかったり。



津田さんは息子さんと一緒にライセンス講習を受けていたハズだったのに「ヒマで耐えられん」とか言い出してレンタルカートに乗ってました。

さすが OWARAカートシリーズ 2018年 チャンピオン、レンタルカートでも格の違いを見せつけます。

しかし、地元のレンタルエキスパートの人たちはさらに上手。
津田さんのタイムより2秒ほど速いタイムを出します。
どこのカテゴリーにも地元スペシャルな人はいますね。

石野で使用しているレンタルカートはCRGセンチュリオン。
このカートは鈍重そうに見えますが意外に扱い易くレーシングカートのような動きをします。
なんといいますかリフト感があるのです。

そして頑丈。

こんなトラブルでも問題無し。
壁は壊れましたけど。



あと、松田君は最近流行のエアロ効果を取り入れてサイドカウルを加工したようです。
ハンドルを常に左に切っていないと直進しない仕様になりましたが、この状態で自己ベストに近いタイムを出します。

なに?このカートは曲がっていた方が速いの?





いろいろありましたがとりあえず遠征は無事に終了しました。
今年の走り初めも楽しかったです。

次回は1月末~2月始めに遠征を企画します。
皆さま是非ともご参加くださいね!

本年もどうぞよろしくお願いいたします。




拍手[1回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 4 5 6 7
9 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
アクセスカウンター since 2006
プロフィール
HN:
ちち
HP:
性別:
男性
自己紹介:
富山で中古車屋やってます。
カートも売ってます。
どっちがメインか分かりません(笑)


管理人へのご意見はコチラまで。

メール
ブログ内検索