北陸 富山のくるま売り、タイヤさえついていればなんでも扱います。現在はレーシングカートの話題が中心です。
[593] [592] [591] [590] [589] [588] [587] [586] [585] [584] [583]
保険収益が減ったから値上げ。
でも、値上げにより適正な収益が得られるのか?

記憶に新しいところでは「たばこ税」
大幅値上げしたのに税収は65パーセント減でしたっけ?

取りやすそうなトコロから取っておけ、的な発想は危険なニオイがします。

そもそも「若者の車離れ」の一因は保険料の高額化ではなかったか?
景気の悪化や少子化など様々な要因はあったハズですが、私が肌で感じる「若者の車離れ」は保険料のリスク細分化から始まったような気がします。

18歳、免許取り立ての若者がシルビアのターボに乗ると・・・
保険料は年間20万円以上となります。

まず免許取得に35万円
安い中古車を買って 50万円
トドメが保険料 20万円オーバー

親は黙って100万円を用意しなくてはいけない、こんな時代が始まったのが15年ほど前。
2000年台に入ってからは若者にスポーツカーが売れない時代が到来。

どんどん若い人が車を欲しがらなくなって、今に至ります。


それと同じ負の連鎖が高齢ドライバーにも起こる気がしてならないのです。

自賠責保険が値上げということは車検代金が高くなるということ。
車検も保険も高い。
「ワシャ、もう車に乗るのやめるわ~」
って言い出すおじいちゃんが増えそうです。


大丈夫なのか?この業界?
書いてて不安になってきた(笑)

さらにはもう一つの不安があります。

長くなりましたので つづく



拍手[0回]

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 4
9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アクセスカウンター since 2006
プロフィール
HN:
ちち
HP:
性別:
男性
自己紹介:
富山で中古車屋やってます。
カートも売ってます。
どっちがメインか分かりません(笑)


管理人へのご意見はコチラまで。

メール
ブログ内検索
アクセス解析