北陸 富山のくるま売り、タイヤさえついていればなんでも扱います。現在はレーシングカートの話題が中心です。
[259] [258] [257] [256] [255] [254] [253] [252] [251] [250] [249]
陸運局で珍しい光景に遭遇。

傾斜角度測定検査です。


ユニックなどを取り付けた構造変更の場合、どの角度まで傾斜しても倒れないかの検査があります。めったにお目にかかれないので思わず写真を撮ってしまいました。

写真のように実際に車を傾けて測定するのですが、見ていてハラハラします。安全のため右側にチェーンをかけてあるというものの、いつ倒れてもおかしくない角度まで傾けるわけですからね~

大のオトナが6~7人周りを取り囲んでいるのですが、みんな腰が引けてる(笑)
ガタッ!と揺れる度にどよめきが・・・

「オーケーまだいける。まだ、もうちょっと・・・ストップ!!」
「あ、ヤバイかも・・・だめだ、戻せ、戻せ!」
「浮いたー!!」

結局、この車は合格しませんでした。

傾斜角度測定器なんて普通の自動車屋は持っていませんからね、計算上はOKでも実測は陸運局でやってみるしか無いのです。

ランクルなど4WD車でリフトアップをしている場合、車高が基準値ギリギリだと傾斜角度測定をしなければならない事もありますよ。

倒れてしまった場合の測定器具の弁償、車の修理代金はどうなるんでしょうかねぇ?

拍手[0回]

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 16
17 18 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
アクセスカウンター since 2006
最新コメント
プロフィール
HN:
ちち
HP:
性別:
男性
自己紹介:
富山で中古車屋やってます。
カートも売ってます。
どっちがメインか分かりません(笑)


管理人へのご意見はコチラまで。

メール
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析 since 2006 / 8