北陸 富山のくるま売り、タイヤさえついていればなんでも扱います。現在はレーシングカートの話題が中心です。
[566] [565] [564] [563] [562] [561] [560] [559] [558] [557] [556]
アクセス解析によれば意外に「ラジコン」「ガスガン」絡みのキーワード検索で当ブログを訪れている人も多いという事実。

でなわけで、今回はカートの読者を一気に突き放しまくった内容です(笑)


さて、先日購入したフォリッジウォーリア、集弾性は8m離れて6cmとなかなか優秀。
しかし!イザ、ゲームに使ってみるとイマイチ・・・
なぜか当たらない。

この日はハイキャパと交互に使ってみたのですが、やっぱりハイキャパの方がイイ感触でした。


左からフォリッジウォーリア、ハイキャパ4.3、ハイキャパ5.1

なんだかな~

新しく買った銃より古い銃の方がイイ結果か・・・
あれ?カートでも同じような事があったな(笑)

バラして内部を見てみましたがブローバックエンジンはほぼ同一。バレルも同じ。なのにハイキャパは当たる。

原因は・・・
コレだ。


マガジンの容量です。

左がフォリッジウォーリアのマガジン、右がハイキャパ。
ガスの容量が倍ほど違います。

寒い時期はガスが気化しにくいのでマガジンを暖めるのですが、それでも撃っている間にドンドン冷えます。(撃つ毎に気化して熱を奪う)

ハイキャパもガスガンですから低温は不利なのですが、その大容量ガスのおかげで冷えても安定して撃てるのです。

しかし、フォリッジウォーリアのマガジンはノーマル容量ですから冷えだすと威力が落ちていくようです。
つまり、最初と最後では弾道に差が出るということです。
これじゃ当たらないわな~

ちなみにフォリッジウォーリアのマガジンも持てなくなるほど熱っちアチにしたら集弾性が上がり8mで5cmとなりました。

試しにハイキャパのマガジンも持てなくなるほど暖めてみたら、集弾性は8mで4cmと更に向上。
コレはさすがにヤバイ音を立てておりました。
こんなのに絶対撃たれたくない(笑)


マルイのガスガンはどれも命中精度は高いのですが、冬季の安定性を考えるとやはりマガジン容量の大きい物が良いようです。

ハイキャパはその名に恥じぬハイキャパシティ(大容量)、現在ハイキャパを越える大容量マガジンはどのメーカーからも発売されておりません。
つまり発売から5年経過した今もハイキャパ最強伝説は揺らいでおりません。

こりゃ~みんなハイキャパを持つワケだよ。

一時、私はみんなと同じじゃヤダってKSCを使っていた時期もありました。
しかし、いろいろ使い倒して結果ハイキャパ信者と相成りました(笑)


そうそう、元を正せばハイキャパの命中精度が落ちたのでオーバーホールしなくちゃならなくなって、だけど物欲がほとばしってフォリッジウォーリアを買ったのでした。

結局フォリッジウォーリアが思った程じゃ無かったので、ハイキャパを徹底的に掃除して注油したら命中精度は戻りました。

結局なんだよ、掃除すりゃ良かったってハナシかよ(笑)








拍手[0回]

この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 4
9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
アクセスカウンター since 2006
プロフィール
HN:
ちち
HP:
性別:
男性
自己紹介:
富山で中古車屋やってます。
カートも売ってます。
どっちがメインか分かりません(笑)


管理人へのご意見はコチラまで。

メール
ブログ内検索
アクセス解析